seoで検索上位表示を狙う!今後の動向を知り、アクセス数を上げて利益を上げよう。

企業のホームページは星の数ほどあります。そんな中、自社の情報を見つけてもらうのは至難の業といっていいでしょう。
検索エンジン最適化(seo)を行うと行わないとでは全く違ってきています。

TOP > seo > seo対策 > seoとSEMの違い

seoとSEMの違い

seoやSEMといった言葉をよく耳にすると思います。

では、その違いについてご存知の方は少ないのではないでしょうか、このページでは簡単にご説明したいと思います。

seoについて

seoは(Search Engine Optimization)の略で検索エンジン最適化と呼ばれ、googleやyahooなどのブラウザで検索を行った際に上位表示を行うようにすることをいいます。

SEMについて

キーワード連動型広告や有料リスティングサービスなどによる、Web上での広告掲載のことをさします。

seo、SEM共に、マーケティングを行う上で、重要度があるといっていいでしょう。どちらを選択するにせよ、どちらも行うにせよ、ある程度の金額が必要となります。
しっかりと検討する必要があります。

seoに関するコラム

seo対策を考えた場合のドメイン選定

自分のインターネット通販用のサイトを持っている人にとってはseoによるアクセス数はとても大きな影響を及ぼすものになります。自分でアクセス数が伸びるようなECサイト構築をするのは非常に難しく、そういった人のために様々な業者さんがサイト構築の代行を行っています。

一体いくらくらいで代行してくれるのでしょうか?まずはサイトのコンセプト作りです。こちらが1万円から5万円(どういったサイトを目指すのかによって変わります)、その後のページ作りに5万円から10万円かかります。人が集まるようなECサイトを本格的に作ろうとするのであれば初期投資に30万円程かかるとみておいた方がいいでしょう。

seo対策を考慮して、ECサイト構築はすべき

今、ECサイト構築をするのであれば、seoを考えてすべきです。何故かというと、やみくもにサイトを構築しても訪問者を獲得するのは難しいからです。今やネットは一番の激戦区といってもいいでしょう。

その中で多くの人に見てもらうためには、コンテンツの充実から、サイトの使いやすさなどもseoと絡んでくることになります。検索エンジンはこれからどんどんと進化をすることが予想されています。

人工知能の技術が使われているといわれていて、人では考えられないようなものが出来ることも考えられるのです。そのような状況ではまず、訪問者を獲得出来るサイトが求められることになります。

ECサイト構築とseoの関連性

ECサイト構築は、インターネットショッピングを開業する時に重要な項目となります。企業団体はインターネット上で商品を売り出したいと考える時、また顧客を自分達で取り込みたい時など、様々な場面において役立てられています。

インターネットを利用する上での顧客確保や増加を目指したい時は、検索エンジンに対するseoが行われるケースも多く見受けられます。キーワード検索を行った時に、表示される順位結果はウェブサイトの利用者数と大きく関係し、マーケティングや収益にも差が出てくるため、ウェブ管理者にとっては欠かせないものです。

ECサイト構築にはseo対策が必要

ECサイト構築をする場合は、seo対策もあわせて行うことが重要です。施策のなかには、サイトの構造に関わるものもあるため、サイト構造を検討する設計段階から念頭に置いておくと良いです。

さらに、ECサイトはユーザーにまず来てもらって、そして購入してもらうことが必要あるため、集客への対策は必要不可欠となってきます。リスティング広告の対策もあるものの、費用をかけたときしか成果を上げることができず、一過性のものにしかならないため、しっかりとサイトの基礎から作り上げていく方法をとり、恒久的に役立つseo対策を行っていくべきです

メニュー

TOP seo seoとSEMの違い seo対策 seo会社 ホームページ制作会社 大阪でECサイト構築、ホームページ作成